1.安全で安心できる暮らしの確保
交通事故減少は目標を大きく下回る
 交通事故発生の危険性は改善傾向にあり、住民満足度も向上しつつあるものの、交通死傷事故率は目標を大きく下回りました。 これは、事故危険箇所の全対策が完了していないことや、新たな事故多発箇所の発生、高齢者事故の急増などが関係していると考えられます。

  このため、平成19年度までに交通事故危険箇所の対策を完了させるとともに、ドライバーへ事故危険箇所を知らせるマップ等の配布や、走行速度を抑制するソフト対策にも取り組みます。
  交通事故の削減には、ドライバーである皆様の安全運転への心がけも必要ですので、交通ルールやマナーの遵守にご協力をお願いします。

  なお、東海・東南海地震災害にも強い道路とするための橋梁の補強は当初計画以上に進捗しています。引き続き、橋梁の耐震補強や災害危険箇所の防災対策を推進していきます。

もっと詳しく
業績指標の達成状況 (達成状況を様式化。指標の数値などは平成17年度の成果指標を参照) 安全で安心できる暮らしの確保に関する業績指標の達成状況

中部地域の住民満足度(5点満点)
安全で安心できる暮らしの確保に関する中部地域の住民満足度


2.沿道環境の保全
幹線国道の沿道環境は着実に改善
 中部地方整備局が直接管理する主要幹線国道(以下、直轄国道)の沿道環境は、法律で定められた夜間の騒音要請限度(※2)を超えない区間が、約7割に向上しました。これにより平成17年度の目標を達成し、住民満足度も向上しています。
 これは遮音壁等の騒音対策を着実に実施してきたことと、東海環状自動車道開通により現道の通過交通が高速道路へ転換された成果と考えております。

 しかしながら、要請限度を達成できない区間も数多く残されており、従来の遮音壁設置や低騒音舗装の敷設などの対策に加え、バイパス整備や高速道路等の料金割引施策による現道交通を減らす取り組みなどを通じ、さらなる沿道環境改善を目指します。
業績指標の達成状況 (達成状況を様式化。指標の数値などは平成17年度の成果指標を参照) 沿道環境の保全に関する業績指標の達成状況

中部地域の住民満足度(5点満点)
沿道環境の保全に関する中部地域の住民満足度


※2:
「騒音規制法第17条第1項の規定に基づく指定地域内における自動車騒音の限度を定める省令」により夜間騒音限度を70デシベルと定められています。


3.円滑なモビリティの確保
都市間の移動がよりスムーズに
 直轄国道の渋滞は緩和されつつあり、平成19年度目標を2年早く達成し、都市間の移動に対する住民満足度も大きく向上しました。
 これは、東海環状自動車道の利用増加や平成17年度中に一部開通した国道1号静清バイパスなど約15kmの道路開通の結果といえます。

 さらに、渋滞原因の1つとなっている路上工事の時間縮減目標を達成したことや、既存の高速道路利用割合が増加し、一般道路の交通量が減少したことも大きく寄与していると考えられます。

 しかし依然、都市部の渋滞は大きく、路上工事に対する満足度も低迷している状況です。次なる目標を前倒しで達成できるよう、優先度の高い道路整備を始め、路上工事縮減等に一層取り組みます。

 なお、バイパスの整備には時間がかかるのも事実です。道路利用者の皆様には、時差出勤や公共交通利用による渋滞緩和などにご協力をお願いします。


もっと詳しく
業績指標の達成状況 (達成状況を様式化。指標の数値などは「平成17年度の成果指標」を参照) 円滑なモビリティの確保に関する業績指標の達成状況

中部地域の住民満足度(5点満点)
円滑なモビリティの確保に関する中部地域の住民満足度



4.地域再生・都市再生の支援
地方、中山間地のネットワークは発展途上
 地域再生・都市再生には、円滑なモビリティ確保の他、都市間や空港・港湾へのアクセス性向上による産業・文化の活性化が欠かせません。
 東海環状自動車道等の開通により、自動車専用道路のインターや日常生活に必要な中心都市へのアクセス性については、平成17年度には中部地域の人口の約9割の方が30分でアクセスできるようになりました。

 しかし、この数値は、人口の多い都市部の状況が改善された影響が現れたものであり、地方部や中山間地域のネットワークについては住民満足度が表すように、いまだ発展途上にあるといえます。

 平成18年度は、都市圏の環状道路の整備に加え、地方部や中山間地域の道路の整備を一層進めてまいります。


もっと詳しく
業績指標の達成状況 (達成状況を様式化。指標の数値などは平成17年度の成果指標を参照) 地域再生・都市再生の支援に関する業績指標の達成状況

中部地域の住民満足度(5点満点)
地域再生・都市再生の支援に関する中部地域の住民満足度

中山間地域の満足度(5点満点)
(対象;木曽、伊豆、東紀州、三遠南信地域)
地域再生・都市再生の支援に関する中山間地域の満足度