本文へ国土交通省中部地方整備局

ここから本文高い倫理意識をもつ組織を目指して

中部地方整備局長から

平 成28年、中部地方整備局の職員が相次いで収賄等の容疑で逮捕・起訴される不正事案が発生しました。

こ れらの不正事案に関し、外部有識者の参画も得て「中部地方整備局発注工事にかかる不正事案再発防止検討委員会」を設置し、事実経過や職員からの意見などを 基に発生要因を整理し、 再発防止策の検討を行い、5回の審議を経て再発防止に向けた「中部地方整備局発注工事にかかる不正事案に関する報告書」を取りまとめました。

 中部地方整備局は、今 後、このような事案を二度と発生させることがないよう、臨時幹部会議において再発防止策を周知するとともに「コンプライアンス宣言」を行ったところであ り、組織一丸となって、国民の負託に応えるべく、真摯に職務の遂行に取り組んでまいります。

中部地方整備局発注工事にかかる不正事案に関する報告書

コンプライアンス宣言

これまでの取組

再発防止に向けて現在以下の取組を行っています。

○  不正事案再発防止検討委員会による検討・報告

第1回検討委員会
平成28年10月11日(火)
第2回検討委員会
平成28年10月31日(月)
第3回検討委員会
第4回検討委員会
第5回検討委員会
平成28年11月15日(火)
平成29年 1月27日(金)
平成29年 3月 9日(木)

○ 緊急幹部会議の開催

平成28年10月 3日(月)
 
平成28年12月 5日(月)
 

○ 緊急職員集会の開催

○ 緊急所属会議の開催

○ コンプライアンス講習会の開 催

○ 臨時幹部会議の開催

平成29年 3月14日(火)
 

○ 各建設業団体との会議


↑ページのトップへ戻る