笹原山中バイパス

笹原山中バイパスの計画されている事業区間(三島市山中新田〜三島市笹原新田)の現国道1号においては線形に起因した事故が多く見られ、交通の安全性、走行環境の改善を図るために、延長約4.3kmのバイパス道路を計画しています。このバイパスにより、最小曲線半径の緩和、重交通の転換による安全性向上、登坂車線の設置によるスムーズな走行などの効果が図られます。
笹原山中バイパスは昭和63年度に事業化され、山中工区は平成28年3月12日に開通し、笹原工区は平成30年度に開通の予定です。

〔パンフレット〕

笹原山中バイパス

詳細な位置図はこちら  (PDFはこちら)