国道1号

国道1号のあらまし笹原山中バイパス
国道1号笹原山中バイパスは、三島市山中新田から、同市笹原新田に至る延長4.3kmの道路であり、国道1号現道の幅員狭小、線形不良、急勾配区間をバイパスし、交通安全の確保を図るとともに、沿道環境を改善するため、笹原山中バイパスの整備を推進します。

南二日町交差点
国道1号上り線オフランプの右折車線について、滞留長を延伸すると共に、現況1車線から2車線として交差点容量を確保することにより、当該交差点周辺の交通混雑の緩和を図る事業であり、平成26年3月21日に完成しました。

東駿河湾環状道路(沼津岡宮〜愛鷹)
一般国道1号東駿河湾環状道路(沼津岡宮〜愛鷹)は、既に開通している「東駿河湾環状道路(函南塚本〜沼津岡宮)と一体となって環状機能を発揮する、静岡県沼津市岡宮〜静岡県沼津市東椎路までの延長2.6kmの自動車専用道路です。 本道路は、「①通過交通等の流入による沼津・三島都市圏における慢性的な渋滞の緩和」、「②災害に強い緊急輸送ネットワークの構築」を主な目的としています。本道路の整備により、安心安全な道路ネットワークづくりや地域相互の広域的な連携強化を推進し、活気ある一体的な圏域作りを支援していきます。

〔パンフレット〕