• トップ > 
  • 防災 > 
  • 関係資料・データ:浸水想定区域図

浸水想定区域図

浸水想定区域の指定・公表について

 改正水防法(水災による被害の軽減を図るため、浸水想定区域の指定・公表、浸水想定区域内における円滑かつ迅速な避難の確保を図るための措置を講ずること等を目的)が平成13年7月3日に施行され、それを受けて全国の洪水予報河川において浸水想定区域図の指定・公表が進められており、狩野川水系狩野川の本川については浸水想定区域が平成14年3月15日指定・公表されています。
 今回は平成17年5月の水防法の改正により、平成18年4月に大場川、黄瀬川、狩野川放水路が、また平成19年4月に来光川及び柿田川が水位情報周知河川に指定されたのを受け、狩野川支川での浸水想定区域図を作成し、平成21年7月10日に公表しました。

 浸水想定区域は、洪水予報河川の狩野川が河川整備の目標とする計画降雨によりはん濫した場合に浸水が想定される区域を指定するものです。
指定された浸水想定区域及び浸水した場合に想定される浸水深その他を表示した図面(浸水想定区域図)は、沼津河川国道事務所等で縦覧するとともに、関係市町村(沼津市、三島市、修善寺町(現伊豆市)、伊豆の国市(旧大仁町、旧伊豆長岡町,旧韮山町)、函南町、清水町、長泉町)に通知されました。

狩野川浸水想定区域図(PDF版)
黄瀬川浸水想定区域図(PDF版)
大場川浸水想定区域図(PDF版)
来光川浸水想定区域図(PDF版)
柿沢川浸水想定区域図(PDF版)
狩野川放水路浸水想定区域図(PDF版)