狩野川水防災協議会

目的

 今後の気象変動により発生頻度が高まると予想される、施設能力を上回るような洪水に対応するため、狩野川沿川市町・富士市・静岡県・国等が連携・協力して減災のための目標を有し、ハード・ソフト対策を一体的かつ計画的に推進し、社会全体で洪水に備える「水防災意識社会」を再構築する取組を進めます。


「水防災意識社会再構築ビジョン」に基づく狩野川流域の取組方針

 平成 27 年 9 月関東・東北豪雨災害における災害対応の状況とその課題や、狩野川流域における水害の特徴や課題を踏まえ、平成 32 年度までに、円滑かつ迅速な避難、的確な水防活動等、大規模氾濫時の減災対策として各構成機関が計画的・一体的に取り組む事項について、「狩野川流域の取組方針」として取り纏めました。〔平成28年6月14日掲載〕


協議会の開催状況

 協議会の議事次第・配布資料などをご覧頂けます。(PDFデータ)

取組状況

 「水防災意識社会再構築ビジョン」に基づく取組状況の一部をお知らせします。


※本タイムラインは関係機関の災害対応をまとめたものですが、実災害時には、時系列等が異なる場合があります。