冬の三重を走るならノーマルタイヤNo!

雪道運転のトリセツ

 冬季になると、平野部でも雪が積もることがあります。雪に慣れている人だと当たり前かもしれませんが、慣れていない人だと急な積雪に戸惑ってしまうことも少なくありません。特に、雪道で車に乗る場合、普段とは勝手が異なるので雪道での走り方を知っておくことが大事です。積雪や凍結した道路で普段と同じつもりで走行すると、スリップ事故やスタックして立ち往生し、周りに多大な迷惑をかけてしまう可能性があります。誰かに迷惑をかけないためにも、雪道での正しい走り方を紹介します。

●雪道での基本的な走り方

◆アクセルやブレーキの具合をチェックする
停止時からアクセルを踏んでみて、どれくらいの強さでスリップするのかを、周りに車がいない状況で確認することをおススメします。これをすることでアクセルワークの加減が分かるようになるでしょう。さらに、低速時から少し強めにブレーキを踏んでみます。ABSの作動状況や制動距離が分かりますから、運転をする上での目安になります。
◆車間距離を普段の2倍以上あける
雪道を走るときには、いつもより車間距離を多めにとりましょう。路面が滑ることで思うように止まることができません。また、後ろから追突された際にも玉突き事故を防止する効果があります。そして、数台前の車の動きや信号の色を確認して、早めにブレーキを踏めるように心がけましょう。
◆幹線道路を中心に走行する
雪の中を車で走行する場合には、できるだけ大通りを中心に走るようにしましょう。幹線道路の方が除雪や交通量により、雪が溶けていて走りやすいことが多いです。知らない道だとカーナビを使うことがありますが、案内通りに進んでいると裏道などへ入ってしまうことがあります。すると、思った以上に雪が積もっていて、立ち往生してしまうことも少なくありません。カーナビでは道順や渋滞情報などは教えてくれますが、細い路地の積雪情報までは教えてくれません。カーナビを過信するのではなくて、自分で安全な道を選ぶことを心がけましょう。
◆フットブレーキとエンジンブレーキを使い分ける
雪道でのフットブレーキは、ゆっくりとやさしく踏んで使用しましょう。特に、ABSが搭載されていない車は、フットブレーキを強く踏むと、タイヤがロックして滑る原因になります。また、エンジンブレーキを使用して速度を落としてからフットブレーキをやさしく使用すると、安全に止まる事ができます。
しかし、スピードに乗った状態でエンジンブレーキを使用すると、急ブレーキと同じ状態になってしまい、滑る原因になります。スピードを出さない事が大前提ですが、フットブレーキとエンジンブレーキを上手に使い分けましょう。
◆「急」のつく運転は避ける
雪道での運転では、スリップしないように注意を払う必要があります。そのためには、急発進・急加速・急ハンドル・急ブレーキなど、「急」のつく運転は止めましょう。タイヤが滑ったりロックしたりするので、スリップの原因となってしまうからです。アクセルやブレーキは6分目を意識して、ゆっくりとした運転を心がけるようにしましょう。そうすれば、急のつくような操作する必要はなくなります。
◆雪道での運転が終わったら洗車がおススメ
雪道では、凍結防止剤などが撒かれていることが多いです。雪道を走った後の車には、それらが大量に付着していることがあります。凍結防止剤には塩分が多量に含まれているので、放置しているとボディが錆びてしまいます。雪が止んで晴れた日には、ボディの下やホイールハウス内を重点的に洗うようにして、凍結防止剤を取り除くことをおススメします。