冬の三重を走るならノーマルタイヤNo!

積雪・凍結道路を走る前に準備しておきたいもの

雪道でのトラブルを防ぐには、車の点検も含めた事前の準備が大切です。スタッドレスタイヤを装着していても、万が一に備え、タイヤチェーンとジャッキも準備しておきましょう。

  • タイヤチェーン

  • ジャッキ

また、スタック(立ち往生)したときのために、けん引ロープも積んでおくと心強いでしょう。スコップは駐車場の除雪に役立ちますし、スリップして動けなくなったときにも便利です。さらに冬場はワイパーやエアコンなどの連続稼働によりバッテリーの消耗が激しくなりがちですので、ブースターケーブルも用意しておくと安心です。

  • けん引ロープ

  • スコップ

  • ブースターケーブル

そのほかに、チェーン着脱時など、外で作業するときのために、軍手・長靴・懐中電灯も車に積んでおくと重宝します。

  • 長靴・軍手

  • 懐中電灯

もし駐車場に一晩、車を駐車する予定があれば、ガラス面に付着した水分の凍結や霜の除去にアイスクレーパー(霜取り用のヘラ)や解氷剤を用意しておくと便利です。

  • アイスクレーバー

  • 解氷剤

慣れない雪道では、どんなトラブルに見舞われるかわかりませんから、役立つグッズを車に積んでおくことをお勧めします。

  • 毛布

  • 防寒着

なお、スタッドレスタイヤなどの冬用装備を装着されていない方は、レンタカーやタクシーという選択肢もあります。