冬の三重を走るならノーマルタイヤNo!

冬季運転前のチェックリスト

タイヤ
スタッドレスタイヤ装備 必ず4輪すべて装着しましょう。
溝の深さ 残り溝が50%以上になっているか確認しましょう。
空気圧 適正空気圧になっているか確認しましょう。

車内携行
タイヤチェーン 雪が深い場合装着する必要性があります。
ジャッキ タイヤチェーンを装着する際に必要となる場合があります。
牽引ロープ スタック(立ち往生)したときのために必要です。
スコップ 雪の中での作業で雪かきをする時に重宝します。
ブースターケーブル ワイパーの頻繁な使用やヒーターの連続稼動などにより、バッテリーの消耗が激しくなりがち。ブースターケーブルを用意しておくと安心です。
長靴 タイヤチェーンを装着する等車外で作業する際に必要です。
軍手
アイスクレーバー 急に温度が下がってカギ穴が凍ってしまったり、ワイパーが固まって動かなくなってしまった時、氷を解かす解氷剤があると便利です。
解氷剤
毛布 車が動かなくなった時など、外気の中で長時間過ごさなければならなくなった場合を想定して用意しておきましょう。
防寒着

エンジンルーム
バッテリー 液量や比重、電圧の点検を行い、バッテリー液の補充をしておきましょう。
エンジンオイル オイル量、汚れ具合を確認。粘度も確認したうえで補充や交換をしておきましょう。
ウォッシャー液 寒さに強い寒冷地用のウォッシャー液を入れておくと安心。液を補充する時は、原液に近い状態で補充しましょう。
ワイパーブレード 劣化していると汚れや雪をしっかり落とせません。劣化していないか確認し、必要に応じて交換しておきましょう。

道路情報
行先の道路情報 移動先の道路情報や気象情報の入手先をあらかじめ把握しておきましょう。