中勢バイパス NOW

国道23号は、三重県の南北方向を結ぶ幹線道路で、産業・観光における大動脈として重要な役割を果たしています。
 しかし、現在の国道23号は、多方面からの交通が集中することにより、主要交差点では渋滞が発生しています。  中勢バイパスは、鈴鹿市を起点として、津市を経由し松阪市に至るバイパスで、国道23号の交通渋滞解消とバイパス周辺の適切な土地利用を促し、地域経済の発展に資するために計画された道路です。

事業の進捗状況

全線33.8kmのうち、約28.1km(約83%)が開通しています。 (平成27年4月現在)

クリックすると大きな画像が表示されます。
中勢バイパス・マップ
中勢バイパス 道路状況ライブカメラ

関連イベント

工事だより


ちゅうばす通信
2017年9月号

整備効果

交通情報

※今後は、コンテンツの充実と情報の更新を行って参ります。