4つの川を守る

~鈴鹿(すずか)川・雲出(くもず)川・櫛田(くしだ)川・宮川~
4つの川をより安全で、きれいな川に。
地域に親しまれる川づくりを行います。

鈴鹿川

水源を三重県亀山市坂下高畑(たかばた)山(標高773m)に発し、支川の加太(かぶと)川、安楽(あんらく)川を合わせ、鈴鹿川派川を分派したのち、内部(うつべ)川を合わせ、伊勢湾に注いでいます。当事務所は、鈴鹿川本川(28.5km)と支川(鈴鹿川派川4.0km、内部川6.8km、安楽川1.9km)の直轄管理区間(計41.2km)の河川改修・維持管理事業を行っています。

■鈴鹿川の災害とこれまでの主な事業

鈴鹿川は、昭和13年8月の洪水を契機に、昭和17年から河川改修に着手しましたが、その後も何度か災害が発生しました。特に昭和34年の伊勢湾台風では多大な被害が発生し、これを機に河口部での高潮対策事業が実施され、昭和38年に工事はおおむね完成しました。

昭和42年に一級河川に指定されるとともに、翌昭和43年に「工事実施基本計画」(注1)を策定、さらに昭和46年には、流域の経済・産業の発展を受け、「基本計画」を改訂し、改修工事に取り組んできました。しかし、昭和49年7月洪水では、観測史上最大の流量を記録し、甚大な被害が発生しました。平成20年には、「河川整備基本方針」(注2)が策定され、これもとに現在、以下の事業を進めています。

■改修事業

  • ●河口部における高潮堤防整備

    高さと断面が不足し老朽化が著しい高潮堤防の整備を行っています。

  • ●流下能力の向上

    本川中下流域及び支川の流下能力の向上を図るため、堤防及び河道の整備を行っています。また過去に漏水などの被害があった箇所や、洪水時に雨水や浸透水の影響により堤防が危険になると判定された地区においては、堤防整備とともに対策を行っています。

  • ●横断工作物の改築方法検討

    今後整備を進めていく際に支障となる横断工作物の改築方法について検討を行っています。

伊勢湾台風の被害と鈴鹿川

昭和34年の伊勢湾台風は、伊勢湾を直撃、鈴鹿川でも、高潮で河口左岸堤防が決壊するなど、死者・行方不明者115名という大きな被害をこうむりました。 

伊勢湾台風で浸水した鈴鹿川中流域
(平和橋付近 昭和34年9月 写真提供:鈴鹿市)
鈴鹿川(鈴鹿市庄野町)

■鈴鹿川管内図

鈴鹿川管内図
注1. 旧河川法(昭和39年)により、水系を一貫して総合的な観点から管理するために、水系ごとに定めた基本計画のこと。
注2. 社会資本整備審議会の意見をもとに、河川管理者が長期的な視点で策定した、河川の総合的な保全と利用に関する基本方針と河川整備の基本事項を定めたもの。

雲出川

水源を三重・奈良県境の三峰(みむね)山(標高1235m)に発し、八手俣(はてまた)川などを合わせながら伊勢平野に入り、長野川、波瀬(はぜ)川、中村川を合流し、河口付近で雲出古川(くもずふるかわ)を分派して、伊勢湾に注いでいます。当事務所は、雲出川本川(16.2km)と、支派川(雲出古川2.5km、中村川5.1km、波瀬川4.7km)の直轄管理区間(計28.5km)の河川改修・維持管理事業を行っています。

■雲出川の災害とこれまでの主な事業

雲出川は、過去から毎年のように出水が発生しており、特に昭和34年9月の伊勢湾台風では未曾有の大出水となり、大きな被害が発生しました。これを機に、昭和36年から国の直轄事業となり、昭和41年一級河川に指定され、同年「工事実施基本計画」が策定、堤防整備、護岸整備などが実施されました。

その後、昭和46年8月及び9月、昭和49年7月、昭和57年8月の洪水など、相次ぐ出水が発生、特に昭和57年8月洪水では本川及び支川で計画高水流量を上回る流量を記録し、中流部にて堤防決壊が発生しました。その後、流域の経済・産業の発展及び昭和57年に発生した計画を上回る洪水にかんがみ、昭和61年に「工事実施基本計画」を改定しました。

■改修事業

  • ●本川・派川河口部における高潮堤防整備

    本川及び派川河口部(松阪市星合町)で、高さと断面積が不足し老朽化が著しい高潮堤防の整備を行っています。

  • ●本川及び支川における流下能力の向上

    本川及び支川において、整備計画流量を安全に流すための堤防及び河道の整備を行っています。また過去に漏水などの被害があった箇所や、洪水時に雨水や浸透水の影響により堤防が危険になると判定された地区においては、堤防整備とともに対策を行っています。

  • ●本川中流部での治水対策

    中流部で計画されている遊水地を含む治水対策について検討を進め、早期に着手を図るため、関係機関との調整を行っています。

雲出川
雲出川(三重県観光連盟提供)

【TOPICS】波瀬川の出水と避難

雲出川水系の支川波瀬川は、近年大雨による出水で避難勧告が出されることが多く、流域に住む方々も日頃の備えが求められています。専門家の委員会では平成25年度、数回にわたり「波瀬川における避難のあり方検討会」が開かれ、提言が出されています。ホームページや広報により提言・対策案などの情報を入手し、日頃から万一の時に備えていただくことができます。

「波瀬川における避難のあり方」の提言

■雲出川管内図

櫛田川

水源を三重県松阪市飯高(いいだか)町高見山(標高1,249m)に発し、蓮(はちす)川流域などの支川を合わせ、伊勢平野に出て、田園地帯を潤しつつ佐奈川と合流し、祓(はらい)川を分派して伊勢湾に注いでいます。当事務所は、櫛田川本川(18.9km)と支派川(佐奈川5.4km、祓川0.1km)の直轄管理区間(計24.4km)河川改修・維持管理事業を行っています。

■櫛田川の災害とこれまでの主な事業

櫛田川は、昭和34年の伊勢湾台風で大きな被害を受けたことを契機に、昭和37年度から国の直轄河川となり改修事業に着手し、昭和42年に一級河川に指定、翌昭和43年に「工事実施基本計画」が策定されました。その後、昭和44年に流下能力上のネックとなっていた櫛田川頭首工の可動堰化(櫛田川可動堰)が完成し、合わせて本川と支川佐奈川の堤防整備・護岸整備などを進めてきました。また平成3年には、櫛田川上流部に、洪水調節などを行う多目的ダムとして、蓮ダムが完成しました。平成15年には、「河川整備基本方針」が、平成17年には「河川整備基本計画」(注3)が策定され、これにもとづき以下の事業を進めています。

■改修事業

  • ●本川中下流部での流下能力の向上

    本川の中下流部において、整備計画流量を安全に流すための堤防及び河道の整備を行っています。また過去に漏水などの被害があった箇所や、洪水時に雨水や浸透水の影響により堤防が危険になると判定された地区においては、堤防整備とともに対策を行っています。

■環境事業

本川下流部で、過年度に実施した魚道付近の堆積土砂撤去箇所において、遡上改善状況の調査を行っています。

櫛田川(多気町相可)

櫛田川の自然と環境保全への取り組み

櫛田川は、香肌(かはだ)峡に代表されるきれいな水と豊かな自然に恵まれ、河口部の干潟や河畔林なと?多様な生物の生息場となる良好な環境か?形成されています。昔からアユ漁も盛んて?アユを利用する文化か?発達してきました。また流域て?は農業用水として、盛んに利用されてきました。伊勢湾台風以降、流域の発展とともに河川内の環境も変化してきています。今後も引き続き流域住民の皆さんの意見を聞きなか?ら櫛田川の自然環境の再生に向け取り組んて?まいります。

櫛田川香肌峡県立自然公園

■櫛田川管内図

注3. 学識経験者、住民などの意見を参考に、河川整備の目標と河川整備の実施に関する事項について、河川管理者が策定した計画のこと。

宮川

水源を三重・奈良県境の大台ヶ原山系日出ヶ岳(標高1,695m)に発し、大杉渓谷を流下し、大内山川などの支川を合わせ伊勢平野に出て、河口付近で大湊川を分派し、伊勢湾に注いでいます。当事務所は、宮川本川(11.6km)と支派川(大湊川1.7km、五十鈴川3.2km、勢田川6.1km)の直轄管理区間(計22.6km)の河川改修・維持管理事業を行っています。

■宮川の災害とこれまでの主な事業

昭和49年7月の洪水(七夕洪水)では、支川の勢田川が氾濫し伊勢市内が広域にわたって浸水し、甚大な被害が発生しました。これを契機に昭和50年4月に一級河川の指定を受け、「工事実施基本計画」が策定され、直轄河川改修事業に着手しました。平成19年には、「河川整備基本方針」が策定され、これにもとづき改修等の事業を進めています。
災害対策事業としては、被害が甚大だった勢田川では、昭和51年から「直轄河川激甚災害対策特別緊急事業」(注4)が実施され、浚渫や引提、護岸整備などを行い、昭和55年には勢田川防潮水門・排水機場が完成しました。
 その後、平成16年9月の洪水により、宮川上流部では土砂災害が、下流部では越水氾濫によって甚大な被害が発生したことを受け、平成18年から「床上浸水対策特別緊急事業」に着手し、平成24年に完成しました。

■改修事業

  • ●本川中下流部の流下能力の向上・堤防の安全度の向上

    本川中下流部において、流下能力の向上を図るための堤防整備を行っています。また過去に漏水などの被害があった箇所や洪水時に雨水や浸透水の影響により堤防が危険になると判定された地区においては、堤防整備とともに対策を行っています。

  • ●大規模地震時の安全性向上

    支川大湊川において、大規模地震時の液状化による堤防沈下を抑制する耐震対策を行っています。

■環境事業

「水辺の楽校プロジェクト」(注5)に登録された玉城町昼田地先において、親水性の向上を図り、河川利用の促進につながる整備を、玉城町とともに行っています。

宮川支流の五十鈴川(三重県観光連盟提供)

日本屈指の清流、もっと大切に

宮川は、一級河川水質調査で過去11回日本一になるなど、「清流日本一」として名高く、観光資源にも活かされています。一方、支川の勢田川は、商業活動・経済活動が盛んな伊勢市の市街地を流れており、生活排水を要因とする水質汚濁から三重県内の水質ワースト1となることがしばしばありました。水質浄化の取り組みとして、宮川本川からの導水や、市民ボランティアが中心になって活動する「勢田川をきれいにプロジェクト」による水質調査や浄化対策が行われています。
宮川水系では、住民・企業・行政が協働して、流量回復、水質保全や自然環境の保全をしながら地域の活性化を図っていくことを目指した「宮川流域ルネッサンス協議会」が設立されており、今後も連携して宮川水系の水質保全や自然環境を守ってまいります。

宮川上流の滝谷

■宮川管内図

注4. 洪水などにより、特に大きな水害の発生した区間について、災害の発生を防ぐために、一連の区間について河川改修を緊急に実施する事業のこと。
注5. 子ども達の河川利用の促進、体験活動の充実を図るにあたり、水辺の整備が必要となる場合について、市町村から申請され、登録後に河川管理者と共同して整備を行う施策。