鈴鹿川水系 [ 日本屈指の工業地帯へ流れる川 ]

鈴鹿川はその源を三重県亀山市坂下高畑山(標高773m)に発し、支川加太川、安楽川、内部川を合わせ、鈴鹿川派川を分派し伊勢湾に注ぎます。
鈴鹿川の改修工事は、昭和13年8月洪水を契機に、昭和17年に直轄河川改修に着手しましたが、戦争による事業縮小で改修工事が進まず多くの災害を受け、特に昭和34年の伊勢湾台風により多大な被害を受けたことで、河口部において高潮対策事業が実施され、昭和38年に概成しました。昭和42年には一級河川に指定され、昭和43年に「工事実施基本計画」を策定、その後、流域の経済発展等を鑑み昭和46年に工事実施基本計画を改訂しました。また、昭和49年7月洪水では、観測史上最大の流量を記録し、再び多くの災害を受けました。
鈴鹿川では、下流部より順次、引堤や河道掘削などを実施しており、現在は老朽化が著しい河口部高潮堤防の補強を行っています。
平成20年には、河川整備基本方針が策定される予定です。

鈴鹿川水系の図

プロフィール
源流 三重県亀山市坂下(高畑山標高773m)
流域面積 323km2
(山地 185km2 ・ 平地 126km2 ・ 河川区域 12km2
幹川流路延長 本川 38k
大臣管理区間 本川 28.5k ・ 内部川 6.8k
安楽川 1.9k ・ 鈴鹿川派川 4k
流域内人口 約 11 万人
計画高水流量 高岡 3,900m2/s

計画高水流量図

歴史
クリックすると大きな画像が表示されます。