大規模災害に備えて

大規模災害への備え

■災害時の広域連携と自治体支援体制

国土交通省では、大規模自然災害が発生し、また発生する恐れがある場合に、被災自治体に対して技術的な支援を円滑かつ迅速に行うことを目的とした「緊急災害対策派遣隊(TEC-FORCE)を平成20年4月より設置しています。当事務所職員にも任命された隊員がおり、広域的な支援に対しても備えています。
また、管内自治体で大きな被害が発生した場合、その自治体との連携を密接に図るため、リエゾン(情報連絡員)派遣に関する協定を締結し円滑な復旧に備えています。平常時は訓練、講習等を通じて普段から自治体との連絡体制の強化に努めています。

■リエゾン(情報連絡員)派遣

災害時に中部地方整備局職員を連絡窓口として自治体に派遣し、中部地方整備局と自治体相互の情報共有、TEC-FORCEやヘリコプター・照明車・災害対策用機械等の自治体への応援派遣に係る調整等を行います。

近年のリエゾン派遣実績

平成28年 台風16号関連 9月20日 津 市・亀山市
平成27年 台風18号関連 9月 9日 伊勢市・鳥羽市

なお、三重県内の各事務所における担当地域等は下記のとおりです。

市 町協定日
四日市市H23.6.1
鈴鹿市H23.6.15
亀山市H23.6.1
津市H23.7.1
松阪市H23.11.7
伊勢市H23.6.6
鳥羽市H23.5.31
明和町H23.7.14
多気町H23.6.7
玉城町H23.6.7
度会町H23.6.1

三重河川国道事務所が担当する各自治体の協定状況

三重県内の各事務所担当地域

■緊急時に活躍する災害対策用建設機械

国土交通省では、災害発生時の緊急対策及び復旧作業支援を目的とした「災害対策用建設機械」の配備、運用を行っています。
台風や豪雨等により、河川堤防や道路等の被害、またはその恐れがある場合には、国土交通省の直轄管理区間に限らず、地方自治体の要請に基づき応援派遣を行うことができます。

近年の自治体支援実績
平成27年 5月12日 ~13日 津市大新田排水機場 排水ポンプ車、照明車
平成27年 7月16日 ~21日 鈴鹿市渚排水機場 排水ポンプ車、照明車
平成27年 7月17日 紀宝町竜光寺樋門 排水ポンプ車、照明車
平成27年 9月10日 ~12日 鳥羽市さくらが丘地区 照明車

平成27年5月12日~13日 台風6号
津市大新田排水機場での排水ポンプ車支援

平成27年9月10日~12日 台風18号
鳥羽市さくらが丘地区での照明車支援

■自治体・地域・建設業協会と連携した防災訓練・啓発活動

風水害、土砂災害、地震等に対応した訓練を管内の自治体等と連携して実施しています。 また、防災講習等の災害に備えた啓発活動も行っています。

主な防災訓練・啓発活動の実績はこちら

平成28年6月5日
鈴鹿市消防団主催の水防講習会へ参加
(鈴鹿市河川防災センター:パネル・テキスト提供)

平成28年6月5日
伊勢市主催の水防訓練へ参加
(宮川ラブリバー公園:照明車等参加)

平成28年7月12日
三重ブロック災害対策用機械等操作訓練
(管内自治体職員等への操作訓練・講習を実施)

平成28年8月22日
鳥羽市災害対策用機械等操作訓練
(市からの要請による操作訓練・講習を実施)

平成28年8月6日
大規模災害を想定した災害対応訓練
(三重県建設業協会主催の訓練に共催参加)

平成28年9月17日
鈴鹿バルーンフェスティバル
(鈴鹿川河川敷:災害対策機械等の展示)

平成28年9月4日
多気町 総合防災訓練
「防災情報の入手方法」について説明

平成28年10月2日
亀山市 中部中学3年生へ
「テック・フォース等」について講義

■防災情報の提供

災害に備えての気象状況を把握するため、雨量、水位計やCCTVカメラを整備し、ホームページ等にて地域住民に情報提供を行っています。また、CCTV映像については自治体やテレビ局にライブ映像の配信を行い、住民の避難に役立てています。

機関協定日変更協定日
日本放送協会(NHK)津放送局H19.9.21H21.3.9
三重テレビ放送(株)H19.9.21H21.3.9
三重県ケーブルテレビ協議会H25.2.27
(株)ZTVH27.3.2

ケーブルテレビでの映像配信(ZTV)