IR情報

道路IRとは

IR:Investor Relations(投資家向け広報)の頭字語です。

企業のIR活動:株主や投資家等に対し、財務状況などの情報を提供する活動

IR(Investor Relations)とは、企業が株主や投資家に対し、財務状況など投資の判断に必要な情報を提供していく活動全般を指します。

最近は、株主や投資家に対するだけでなく、顧客や地域社会等に対して、経営方針や活動成果を伝えることもIRのねらいの一つになってきています。

企業はIR活動を通じて株主、投資家、顧客などと意見交換することで、お互いの理解を深め、信頼関係を構築し、資本市場での正当な評価を得ることができます。逆に、外部からの厳しい評価を受けることで、経営の質を高めています。

また、近年、IR活動の一環としてホームページ上にIRコーナーを設ける企業が増えています。

名四国道事務所のIR活動:道路運営の質向上のため、IR活動の考え方を採用!

IRは本来民間の手法であり、行政がこの名称を用いることは必ずしも正確ではないのですが、私たちは、行政運営にこのIR(InvestorRelations)活動の考え方を取り入れることで、行政の「インベスター(投資家)」である納税者の皆さまに情報を提供し、適切な評価をいただくことを通じて道路運営の質を高めていくことができると考えました。

そこで、2001年10月より、道路局ホームページ上に「道路行政評価サイト(通称:道路IRサイト)」を開設し、予算・決算や道路行政執行体制、道路行政の評価などを公表しています。2003年10月には道路IRサイトのリニューアルを実施し、掲載内容の充実化を行いました。

今後も行政としての説明責任を果たすため、内容を順次充実させていく予定です。

道路行政・事業の再評価

名四国道事務所は、経済の活力と豊かで質の高い暮らしを支えていくため、政策や事業を厳しく評価し、無駄の排除や政策の効果の向上に努めています。

中部地方整備局事業評価監視委員会

国土交通省では、平成10年度より、公共事業の効率性及びその実施過程の透明性の一層の向上を図るため、公共事業評価システムを導入しています。又、平成11年度から試行してきました事後評価につきましても、実施要領が策定され、平成15年度から本格実施となりました。

中部地方整備局事業評価監視委員会は、中部地方整備局長の委嘱により設置されているもので、事業の評価に当たって、客観性・透明性を確保するため、学識経験者等の第三者から構成されています。また、委員会は報道関係者に公開して開催しております。

事業評価監視委員会開催結果(名四国道事務所関係分抜粋)

平成28年度第3回(12月16日)開催結果 一般国道153号豊田西バイパス
一般国道153号豊田北バイパス
一般国道155号豊田南バイパス
平成27年度第3回(12月3日)開催結果 一般国道23号豊橋東バイパス
一般国道23号豊橋バイパス
一般国道23号岡崎バイパス
一般国道23号蒲郡バイパス
一般国道153号足助バイパス
平成25年度第3回(9月2日)開催結果 一般国道153号豊田西バイパス
一般国道153号豊田北バイパス
一般国道155号豊田南バイパス
平成24年度第1回(7月30日)開催結果 一般国道23号知立バイパス
一般国道23号岡崎バイパス
一般国道23号蒲郡バイパス
一般国道23号豊橋バイパス
一般国道23号豊橋東バイパス
平成23年度第5回(10月7日)開催結果 一般国道153号 豊田西バイパス
一般国道155号 豊田南バイパス
平成22年度第2回(9月7日)開催結果 一般国道153号豊田北バイパス
平成21年度第1回(8月4日)開催結果 一般国道23号 名豊道路
一般国道23号知立バイパス
一般国道23号岡崎バイパス
一般国道23号蒲郡バイパス
一般国道23号豊橋バイパス
一般国道23号豊橋東バイパス
平成20年度第2回(10月20日)開催結果 一般国道23号名四バイパス
平成19年度第1回(8月7日)開催結果 一般国道155号豊田南バイパス
一般国道23号名豊道路
一般国道23号豊橋バイパス
一般国道23号岡崎バイパス
一般国道153号足助バイパス
平成18年度第2回(9月12日)開催結果 一般国道23号名豊道路
一般国道23号豊橋東バイパス
一般国道23号蒲郡バイパス
一般国道23号知立バイパス
平成18年度第1回(7月31日)開催結果 一般国道153号豊田西バイパス