安全・快適な自転車・歩行者空間確保のための自転車道整備

自転車通行環境整備の背景

自転車事故の増加

全国における全事故件数が減少している一方、自転車と歩行者の交通事故は平成10年から平成20年の10年間で4.5倍に増加しています。

img

自転車利用に対する気運の高まり

自転車は、環境負荷の少ない乗り物として見直され、地球温暖化対策に寄与、健康志向から自転車利用者が増加しています。

安心・安全な交通環境へのニーズの高まり

高齢化等からバリアフリー化の必要性が高まっており、歩行者・自転車が安全・安心して通行できる分離された空間整備へのニーズ増加しています。

国土交通省
国土交通省の自転車施策

自転車通行環境の整備手法

自転車利用環境整備を行う際には、歩行者、自転車、自動車の全てが安心して安全に通行できる道路空間を確保するため、歩行者、自転車、自動車それぞれの通行空間を分離させる整備手法があります。

整備手法:自転車道の整備
概要:縁石線や柵等の工作物によって分離された自転車専用の走行空間
整備イメージ
img
icon 自転車の通行
・自転車道内では、一方通行規制のない限り、対面通行となる。
・自転車道のある道路では、原則として自転車道を通行しなくてはならない。(歩道、車道は通行できない。)
・道路の片側のみに自転車道を設置した場合であっても、当該自転車道を通行しなければならない。(自転車道が設置されていない側を通行することはできない。)
整備手法:自転車専用通行帯(自転車レーン)の設置
概要:交通規制により、自転車が専用で通行する車両通行帯を指定
整備イメージ
img
icon 自転車の通行
・車道上では、自転車専用通行帯内を通行しなければならない。(自転車専用通行帯の規制と歩道における普通自転車歩道通行可の規制は同時に実施できる。)
・自転車専用通行帯内の自転車の通行は一方向(自転車と同方向)のみ。
整備手法:普通自転車歩道通行可(自転車歩行車道)
概要:交通規制により、自転車が通行することができる歩道
整備イメージ
img
icon 自転車の通行
・道路標示により明示された普通自転車の歩道通行部分において双方向通行できる。
・徐行により通行しなければならず、歩行者の通行を妨げることとなるときは一時停止しなければならない。
・ただし、普通自転車の歩道通行部分に歩行者がいないときは、歩道の状況に応じた安全な速度と方法で進行できる。
整備手法:普通自転車の歩道通行部分(自転車通行位置の明示)
概要:交通規制により、自転車が歩道上で通行する部分を指定
整備イメージ
img
第16回 国道19号桜通自転車安全利用協議会
・桜通自転車安全利用協議会とりまとめ

協議会資料
・議事次第
・資料1   出席者名簿
・資料2   座席表
・資料3-1 国道19号桜通自転車安全利用協議会のスケジュール
・資料3-2 東側区間の整備概要
・資料3-3 伊勢町通り〜小川交差点区間の利用状況
・資料3-4 桜通の駐輪調査
第1回 名古屋国道管内自転車安全利用協議会
・議事要旨

協議会資料
・議事次第
・資料1   名古屋国道管内自転車安全利用協議会設立趣意書・規約
・資料2-1 国道22号整備対象区間の概要
・資料2-3 国道19号伏見通合同点検について
第2回 名古屋国道管内自転車安全利用協議会

協議会資料
・議事次第
・資料3     国道19号桜通整備効果
・資料4-1   国道22号整備検討
・資料4-2   国道22号整備検討(参考資料)
・資料4-3  「自転車ネットワーク計画策定の早期進展」と「安全な自転車通行空間の早期確保」に向けた提言(案)
・資料5-1-1 伏見通(西大須〜若宮北)整備検討
・資料5-1-2 大須観音駅周辺車駐輪場配置計画(案)
・資料5-2   伏見通(若宮北〜日銀前)整備検討
第3回 名古屋国道管内自転車安全利用協議会

協議会資料
・議事次第
・資料3   名古屋国道管内協議会 規約(改正案)
・資料4-1 名古屋国道管内自転車安全利用協議会の協議内容
・資料4-2 国道19号若宮北交差点〜小川交差点の利用状況
・資料4-3 国道19号伏見通の自転車通行空間改良計画
・資料4-4 国道22号の自転車通行空間整備
・資料4-5 国道19号桜通の駐輪対策

自転車通行環境整備の効果

自転車が関係する交通事故が減少

国土交通省と警察庁では 自転車通行環境整備の戦略的展開を図ることを目的として、平成20年1月に全国98地区を「自転車通行環境整備モデル地区」に指定し、道路管理者と都道府県警察が連携して自転車道、自転車専用通行帯等の整備を推進してきました。その結果、全ての整備手法について 自転車走行空間を整備した路線における1年間の自転車関連事故の発生件数は、整備前よりも減少しました。

事故の発生状況

国土交通省
※記者発表 自転車通行環境整備のモデル地区を指定しました (平成20年1月17日)
※記者発表 自転車通行環境整備モデル地区の調査結果について(平成23年7月21日)
※記者発表 自転車通行環境整備モデル地区の整備状況について(平成22年9月16日)

名古屋国道事務所における整備例

国道19号桜通(名古屋市中区)
img
国道19号(春日井市)
img

関連ページ

警察庁
自転車はルールを守って安全運転〜自転車は「車のなかま」〜
名古屋市
自転車に安全に楽しく乗ろう!
国土交通省道路局
国土交通省の自転車施策