道路状況の情報収集及び提供

名古屋国道管内の8路線における路面状況や道路構造物、異常気象における道路状況等について、リアルタイムに収集するとともに、必要な情報を道路利用者に提供することで、安全で安心して走行することが出来ます。

情報収集

効率的な道路管理
路面状況の映像を出張所、事務所においてリアルタイムで監視できます。例えば、国道153 号の県境で法面崩壊が発生した場合、CCTV カメラにより現地の状況を迅速かつ正確に確認できるため、的確な対応や道路情報提供を行うことが可能です。

img

情報提供

道路利用者が安全で安心して通行出来ることをサポートするために、道路の混雑や工事情報、冬期における路面凍結情報・アンダーパス部分の冠水情報等の各種情報提供を行っています。

道路情報板
道路情報板
凍結情報板
凍結情報板
冠水表示板
冠水表示板

道路照明

直轄道路においてトンネルのように昼間明るさが急激に変化する場所及び交差点やカーブ区間等に照明施設を設置し、道路利 用者の安全確保を行うとともに、照明機器の改良でコスト削減を図っています。

image