国道23号沿道を取り巻く状況

国道23号沿道の大気の状況

名古屋南部地域は、鉄鋼、金属、化学を中心とする工業地帯が広がっています。
この地域を貫く国道23号では、その多くが名古屋南部地域に関連した交通で、交通量が10万台/日を超える箇所や、 大型車混入率が5割を超える箇所もあり、他の道路沿道に比べ大気汚染の濃度が高くなっています。
引き続き沿道環境改善を進めるため、国道23号名古屋南部地域を通行する皆さまのご理解、ご協力をお願い致します。

沿道の大気状況

大気グラフ


沿道大気情報の提供

国土交通省が観測を行っている愛知県内の大気常時観測局の測定値について、 名古屋国道事務所ホームページ内の大気常時観測情報ページにて提供しています。 また、名古屋市内にある国道23号沿道の大気常時観測局では、大気情報の現地表示(リアルタイム)を行っています。

沿道大気情報
【名古屋国道ホームページ】


大気常時観測情報はこちらから


大気情報の現地表示
【大気情報の現地表示(リアルタイム)】

運転配慮のお願い

道路交通情報(ラジオ放送)や道路情報板を用いて、運転配慮のお願いを行っています。

ラジオ放送での情報提供
【ラジオ放送での情報提供】
道路情報板での情報提供
【道路情報板での情報提供】