道路施設(橋梁やトンネルなど)の長寿命化の取組

名古屋国道事務所管内における道路施設の多くが、今後20年間で完成後50年を迎えます。
名古屋国道事務所では、それら施設を定期点検により状態の把握を行い、計画的に修繕することでトータルコストの縮減を図る長寿命化の取組を行っています。

点検

橋梁やトンネルなどの道路施設の点検を定期的に実施すると共に、災害等異常時には緊急点検を実施しています。


橋梁点検の状況


フロートによる点検状況

橋梁点検車による点検状況


高所作業車による点検状況

橋梁点検の詳細状況(磁粉探傷試験)


トンネル点検の状況


高所作業車による点検状況(打音検査)(クリック拡大)

照明灯取付金具の点検状況


修繕(補修)

定期点検結果に応じて、修繕を実施しています。



桁端部の部分塗装

床版補修(剥落防止)