理念と目的

地域の暮らしに根ざし、親しまれてきた紀勢の道
もっと強く、もっと安全に、もっと豊かに

三重県は南北約180km、東西約108kmと南北に細長く、伊勢平野をはじめとする平野部から、山脈、高原などの高地、変化に富む海岸線など様々な地形を有しています。鈴鹿山系、伊勢志摩、大台ケ原などの豊かな自然、そして伊勢神宮、熊野古道のような歴史的遺産・観光資源にも恵まれた地域です。一方、毎年のように台風や豪雨の被害を受けやすく、地域の人びとは災害と直面してきました。魅力に富む紀勢の道が、もっと安全、安心で、暮らしの利便に活用でき、もっと多くのお客さまに親しんでもらえるよう、私たちはよりよい道づくりを目指します。

平成16年9月29日発生:国道42号
(紀北町海山区:道路の決壊)

防災・減災のために 道の防災能力を高め、地域の安全を支えます

平成23年の東日本大震災で、道路、特に幹線道路の役割がいかに大切かを、私たちは改めて確認させられました。私たちはこれまで以上に、東紀州地域の防災・減災の機能を高める道づくりを行っていきます。

利便・安心のために 道の連絡機能・利便性を高め、暮らしの安心を支えます

人びとの暮らしの利便や安心を支えてきた紀勢の道。私たちは、北部都市地域の慢性渋滞や中・南部地域の未整備状況を解消し、救急・医療面の備えも含めて、さらに道の連絡機能・利便性を高め、地域の安心を支えます。

観光・経済 道の運輸機能・付加価値を高め、地域の活性化に寄与します

豊かな自然・観光資源に恵まれながらも、中京や京阪からのアクセスに乏しかった東紀州地域。私たちはこの地域をつなぐ幹線を完成させ、観光・経済を振興し、地域の活性化に貢献する広域ネットワークをつくります。