国土交通省 中部地方整備局 企画部

業務継続計画(BCP)
南海トラフ巨大地震に対処できる体制を直ちに構築し、
災害応急活動や重要業務を遂行します!!

業務継続計画(BCPBusiness Continuity Plan)とは?

 災害などの被害を受けても業務が中断せず、また、中断した場合も可能な限り短い期間で回復するために、前もって資源(人、モノ、情報、ライフライン)の準備を行ったり、災害発生時の対応方法や組織を定めたもの。
中部地方整備局BCP概念図

■中部地方整備局業務継続計画(BCP)のポイント

南海トラフ巨大地震を想定した防災訓練
南海トラフ巨大地震を想定した防災訓練


 中部地方整備局は、政府の一員として、大規模地震による災害から住民
の生命及び財産を保護
するとともに、被害を受けた社会機能の速やかな
回復を図るため、重要な役割を担ってい
ます
 このため、

1.その組織及び能力のすべてをあげて災害応急活動を推進する。

2.災害発生後速やかに、局全体で業務に取り組む体制を構築する。

3.
重大な被害が想定される事務所に対しては十分な支援活動が行
 えるよう
あらかじめ体制を構築する

4.一般業務については、一時中断し、重要な業務から再開する。


ここから業務継続計画(BCP)【概要版】がダウンロードできます。




  お問い合せ : 国土交通省 中部地方整備局 企画部防災課
            TEL:052-953-8357 FAX:052-953-8362

↑ ページのトップへ戻る