中部圏インフラ用ロボットコンソーシアム

ようこそ中部圏インフラ用ロボットコンソーシアムへ!!

ロボットコンソーシアム新規会員の募集について

ロボットコンソーシアムは昨年4月21日に設立し、会員への情報共有・情報交換の場として各種活動を展開しているところです。活動が2年目に入るところですが、国土交通省の主要プロジェクトであるi-Constructionが本格化してくることと相まって、本コンソーシアムの活動も活発に行っていこうと考えているところです。3次元設計などの新技術や工事書類のパーパレス化など現場課題などもロボットにかかるテーマとして幅広に扱っていこうとしています。

本コンソーシアムの活動を活発にするため、新規会員の募集も随時行っています。事務局までお問い合わせください。

○新着情報
H30. 4.19更新   第6回 中部ライフガードテック TEC2018 防災・減災・危機管理展の出展者を募集します。
H30. 3. 7更新   活動内容のページを更新しました。
H30. 2.26更新   メールマガジンのページを更新しました。
H30. 2.26更新   3月1日より“建設技術フェア2018in中部”の出展募集を開始します!
〜10月17日・18日「建設技術フェア2018in中部」を吹上ホールで開催〜
H29.12.14更新   活動内容のページを更新しました。
H29.10. 2更新   272の企業・団体が建設分野の新技術・新工法を出展!
〜10月18日・19日「建設技術フェア2017in中部」を吹上ホールで開催〜
H29. 9. 1更新   メールマガジンのページを更新しました。
H29. 3. 8更新   メールマガジンのページを更新しました。
H29. 2.21更新   活動内容のページを更新しました。
H29. 2.10更新   活動内容のページを更新しました。
H29. 1. 5更新   イベント情報のページを更新しました。
H28. 5.25更新   5/30・「災害分野のロボットに関する説明会」資料のダウンロードはこちら
H28. 4.21更新   ロボットコンソーシアム新規会員の募集について
○設立趣旨

 国土交通省では、労働力不足が懸念される中、今後増大するインフラ点検効果的・効率的に行い、また、人が近付くことが困難な災害現場の調査や応急復旧を迅速かつ的確に実施する実用性の高いロボットの開発・導入の促進を進めているところです。
 また、政府が2015年1月にとりまとめた「ロボット新戦略」においても、建設分野の重点分野として2020年までに「国の重要・老朽インフラの20%においてセンサー、ロボット、非破壊技術等の活用により点検・補修を効率化する」と具体的な数値目標も示されたところです。
 これらの構想の現場での実現に向け、インフラ維持管理の効率化・高度化の支援、災害時の被災調査支援災害対応支援等を目的として、
の関係者が一体となり、社会インフラ用ロボットに関する情報交換ロボット産業建設産業交流促進、ロボット導入現場検証の支援等をおこなう「中部圏インフラ用ロボットコンソーシアム」を設立いたします。


○会員募集

 コンソーシアムでは現在会員を募集しております。
 入会をご希望の方は こちら より募集要項・入会申込書をダウンロードしていただき事務局まで応募をお願いします。
※応募用紙のエクセルデータは こちら です。