建設業の社会保険未加入対策 本文へジャンプします。

建政部トップ建設業 不動産業>許可・登録等

建設業の社会保険未加入対策


  建設産業では、健康保険・厚生年金保険・雇用保険の「社会保険」について、法定福利費を適正に負担しない、いわゆる保険未加入企業が未だに存在しています。
  これは、技能労働者の医療や年金など、いざというときの公的保障が確保されないだけでなく、人材の確保が急務となっている中、処遇環境の未整備を理由とする若年入職者減少の一因にもなっています。また、適正に法定福利費を負担する事業者が競争上で不利になるという矛盾した状況にもつながっています。
  こうした状況を受け、平成24年度より、行政・元請企業・下請企業等の関係者が一体となって、社会保険未加入問題への対応を進めています。


■社会保険加入対策に関する取り組み


■建設業の社会保険未加入対策(本省HP)


■周知・広報用リーフレット・ポスター(本省HP)

※「配布団体のクレジット」のところに団体名等を入れてご利用ください。


■全国社会保険労務士会連合会との連携(本省HP)


社会保険未加入対策に関するQ&A(よくある質問)(平成28 年6 月2 日)(本省HP)



※こちらもご覧ください。
  ■建設業の社会保険未加入対策について(本省HP)

↑ページのトップへ戻る

【国土交通省 中部地方整備局 建政部 建設産業課】

〒460-8514
名古屋市中区三の丸2丁目5番地1号 名古屋合同庁舎第2号館
電話番号:052-953-8572 FAX番号:052-953-8606(建設産業課)