河川環境の整備と保全

川自身の復元力や再生力を高めることにより生物の生息・生育・繁殖環境の保全と整備を進め、まちづくりや地域の活性化にも貢献することで、時空間、川・地域・人の関係を再び「つなぐ」ようにします
  • あらゆる“つなぐ”施策を短期的な総合戦略としてとりまとめた「(仮)多自然河川戦略」を策定し、それに基づき各水系の河川環境の現況を総合的、戦略的な取り組みにより改善していきます。

多自然川づくり(二俣川)
  • かわまちづくり等の取り組みを進めていくために「(仮)水辺のまちづくり戦略」としてとりまとめていきます。
堀川の水辺
魚道の改築(揖斐川)
  • 多自然川づくりを推進することにより、川のダイナミズムの再生、自然再生、生態系のネットワーク形成を含めて、徹底的に空間を“つなぐ”ようにします。
狩野川コリドーでの
サイクリング
  • 地域の歴史・文化を踏まえ、周辺のまちづくりと一体となった整備を進め、舟運やフットパス等で流域が“つながる”ことにより、様々な人々や機関が関わるネットワークを形成します。
  • 安全でおいしい水などの新たな目標を加味して、従来の水質基準だけではなく、新たな視点を踏まえた新しい水環境の指標を検討します。
  • 市民との水質調査、水の効率的使用など、市民と協働して水環境に関する施策を展開します。

水質・水生生物調査(櫛田川)
  • 様々な施策がきっかけとなり、川の(魅)力によって川・地域・人が“つながっていく”仕組みを形成します。
  • 河川環境管理やかわまちづくりへの市民・企業の参画など、地域との連携・協働を図ります。
  • 流域ネットワークなどの取り組みを支援・拡大し、流域内の交流を促進していきます。
地域との連携
(勢田川)
  • 水質の改善が遅れている湖沼等の閉鎖性水域においては、抜本的、持続的な取り組みを進めます。
  • 川の駅や環境学習拠点などの拠点の整備によりコミュニティの活性化を促します。
 
湖沼(佐鳴湖)における水質改善(植生浄化)


戻る
拠点から面の管理へ「ひろげる」 損なわれた時空間、川・地域・人を「つなぐ」 河川環境をさらに「学ぶ」