桜沢改良

国道19号桜沢改良区間は、奈良井川と木曽山脈に挟まれた狭隘な箇所を通過しているため、防災点検による要対策箇所に指定された箇所が存在するととも、平成13年に雪崩、平成18年の土砂流出の災害による災害が発生している箇所です。
また、大型車の走行等により騒音、振動等で沿道環境に大きな影響を及ぼしています。
桜沢改良は、こうした問題を解消するため、新規に事業着手します。

 

計画

  工区
区間 長野県塩尻市大字贄川(にえかわ)~長野県塩尻市大字宗賀(そうが)
延長 2.1km
標準幅員 10.5m
構造規格 道路区分/3種2級  設計速度/60km 車線数/2車線

図を拡大表示する

 

整備効果

・災害発生箇所の回避により、通行止め時間が削減できます。
・人家連担地域の回避により、生活環境が改善されます。
・平面線形の改良により、安全性が向上します。

 

工事状況

完了した工事箇所をお知らせします。

緊急情報
天龍峡大橋
飯田国道事務所モバイル

QR

ケイタイでご覧の方はこちらから