Q&A ー回答ー

三遠南信自動車道について

1. 三遠南信自動車道の基本的な考え方を教えて下さい。

回答
三遠南信自動車道は、長野県飯田市の中央自動車道を起点とし、長野県、愛知県、静岡県を経て静岡県浜松市北区三ヶ日町の第一東海自動車道に至る 引佐JCTまで100kmの自動車専用道路です。既存の高速道路から離れた地域への高速サービスを提供するとともに、南信地域、東三河地域、遠州地域の 発展に大きく寄与し、広域交通及び地域間交通の需要に対応する道路です。
現在は、一般国道474号の自動車専用道路として整備を行っています。

 

 

2. 三遠南信自動車道(飯喬道路)のルートの基本的考えは。

 

回答
ルート選定に当たっては、地形・地質、土地利用、気象条件、主要都市及び交通拠点へのアクセス、地域開発、経済性等の要件を考慮してルート選定を行っています。具体的には、


【地形・地質】
・長い急峻山岳地の通過は極力避ける。
・地滑り地帯、大規模断層は極力避ける。
・主要河川(天竜川)の渡河地点に留意する。


【土地利用】
・既成市街地、人家連担地域は極力避ける。
・学校、病院など公共施設への影響を極力避ける。
・国定公園などの自然保護地域は極力避ける。
・主要な文化財、名勝、旧跡は極力避ける。

 

【気象条件】
・積雪、凍結、霧などに留意する。


【主要都市及び交通拠点へのアクセス】
・飯田市中心部へのアクセス及び幹線道路へのアクセスに留意する。

 

【地域開発】
・天竜川給水対策事業等との計画整合を図る。

【関連リンク】
三遠南信ホームページ
三遠南信地域プロジェクト集

緊急情報
天龍峡大橋
飯田国道事務所モバイル

QR

ケイタイでご覧の方はこちらから