木曽路を行こう。
つまごじゅく

妻籠宿は、1601年に中山道の宿としてととのえられた宿です。
きびしい山道だった馬籠峠(まごめとうげ)をとおることなく、馬車(ばしゃ)でもいける新しい道(いまの国道19号)が1892年にかんせいし、妻籠や馬籠はさびれていきました。しかし、昭和51年(1976年)に国の重要伝統的建造物群保存地区にえらばれ、いまは江戸じだいのまちなみがよみがえり、おおぜいのかんこうきゃくがおとずれています。まちの中をあるくと、江戸じだいの日本のまちのなかをさんぽしているきぶんがあじわえます。



天保14年のでーた

ぽくぽくまっぷ

ぽくぽくまっぷ(周辺のみどころ)
 
 
妻籠宿のまちなみ
ぽくぽくまっぷ(宿場のみどころ)


みどころ
妻籠城(つまごじょう)あと

むかしから、妻籠は木曽のかなめでした。妻籠城は大きな山城(やまじろ)で、城からは妻籠、三留野(みどの)を見わたすことができます。ぽくぽくまっぷにもどる

鯉岩(こいいわ)

むかしのガイドブック「木曽路名所図会」にも、魚の鯉(コイ)が空にむかっておよぐ絵(え)でしょうかいされている岩です。しかし、明治24年の大きな地震(じしん)でかたちがかわってしまいました。ぽくぽくまっぷにもどる

熊谷家住宅(くまがやじゅうたく)

19せいきにたてられた長屋(ながや)です。左右のはんぶんずつが1けんの家(いえ)としてつかわれていました。 ぽくぽくまっぷにもどる

 
口留番所跡(くちどめばんしょあと)

ここに17せいきなかばまで関所(せきしょ)がおかれ、中山道のたび人をしらべたり、みはったりしていたばしょです。ぽくぽくまっぷにもどる

南木曽町博物館(なぎそちょうはくぶつかん)
妻籠宿本陣(つまごやどほんじん)
脇本陣奥谷(わきほんじんおくたに)
歴史資料館(れきししりょうかん)

本陣は、作家・島崎藤村(しまざき・とうそん)の母おやの家(いえ)で、たてものは明治じだいになくなりましたが、平成7年にもとのようにつくりなおされました。 南木曽町博物館
脇本陣奥谷は、ヒノキをつかったつくられた、すぐれたたてもので、国の重要文化財(じゅうようぶんかざい)になっています。
歴史資料館は、木曽のれきしやまちなみの保存(ほぞん)のことをしることのできるしせつになっています。 ぽくぽくまっぷにもどる

妻籠宿ふれあい館(つまごじゅくふれあいかん)

木曽ヒノキなどのじもとの木材(もくざい)でつくられたたてもので、みんながつかえる休けいしせつになっています。ぽくぽくまっぷにもどる

桝形(ますがた)のあと

敵(てき)が入ってくることをふせぐため、道にわざと直角(ちょっかく)のまがりかどを2つつくっておいた道を「桝形」といいます。ここの桝形は江戸じだいのままのすがたでのこっています。ぽくぽくまっぷにもどる

下嵯峨屋(しもさがや)

江戸じだいの庶民(しょみん)のすまいである長屋(ながや)をもとのようにたてなおしたものです。ぽくぽくまっぷにもどる

上嵯峨屋(かみさがや)

18せいきにふつうのたび人たちがとまっていた旅館(りょかん)をたてなおしたものです。ぽくぽくまっぷにもどる

橋場の石柱道標(はしばのせきちゅうどうひょう)

明治14年に国道(いまの19号)のかんせいをいわって、じもとの商人(しょうにん)たちがたてた、高さ3mの大きな石の柱(はしら)です。ぽくぽくまっぷにもどる

藤原家住宅(ふじわらけじゅうたく)

17せいきよりもまえにたてられた、古いたてもので、昭和63年にもとのかたちにたてなおされました。ぽくぽくまっぷにもどる

男滝(おたき)・女滝(めたき)

ゆうめいな吉川英治(よしかわ・えいじ)の小説「宮本武蔵(みやもと・むさし)」にもとうじょうしていた滝(たき)です。滝つぼに金色(きんいろ)のとりがまいこんだ伝説(でんせつ)があります。ぽくぽくまっぷにもどる

一石栃白木改番所跡(いちこくとちしらきあらためばんしょあと)

木曽の木のなかには、ゆるしがなく山からきりだすことが禁止(きんし)されていた木もありました。ここではそうした木曽の木のとりしまりなどをおこなっていました。ぽくぽくまっぷにもどる

馬籠峠(まごめとうげ)

790mの高さから、妻籠から三留野(みどの)までをみわたすことのできる峠(とうげ)です。ここをとおって妻籠と馬籠をいききしていました。いまはにんきのハイキングコースになっています。ぽくぽくまっぷにもどる


まえの宿  
つぎの宿
みどのじゅくへ
 
まごめじゅくへ
宿紹介のTOPへもどる
上嵯峨屋 下嵯峨屋 枡形の跡 妻籠宿ふれあい館 妻籠宿本陣・南木曽町博物館 妻籠宿本陣・南木曽町博物館 妻籠宿ふれあい館 脇本陣奥谷歴史資料館 口留番所跡 鯉岩 熊谷家住宅 馬籠峠 一石橋白木改番所跡 男滝・女滝 藤原家住宅 妻籠宿のまちなみ 橋場の石柱道標 妻籠城跡 妻籠宿のまちなみ