木曽路を行こう。
すはらじゅく

須原宿は、いまのばしょよりみなみにありましたが、1715年の木曽川のこう水で、ながされてしまいました。そして、江戸じだいに、いまのばしょにふたたびたてられたのでした。
まちの中心の本町(ほんまち)に、本陣(ほんじん)と脇本陣(わきほんじん)があり、いまものこっています。まちなみも、宿のくらしのおもむきがゆたかにあらわれていて、中央(ちゅうおう)にとおっている用水路(ようすいろ)は、防火(ぼうか)のやくわりもかねられています。



天保14年のでーた

ぽくぽくまっぷ
 
ぽくぽくまっぷ


みどころ
水舟(みずふね)

須原宿では、とおりのあちらこちらに、木をくりぬいた水場(みずば)を見かけます。この「水舟」は、いまもやさいやくだものをうかべてひやしたり、はながいけられうなどして、たいせつにつかわれています。ぽくぽくまっぷにもどる

大桑村歴史民族資料館 (おおくわらむれきしみんぞくしりょうかん)

木曽ヒノキなどの森林のことや、中山道の宿場、水力発電所(すいりょくはつでんしょ)と木曽川のかかわりなどをまなぶことのできるしせつです。ぽくぽくまっぷにもどる 大桑村歴史民族資料館

定勝寺(じょうしょうじ)
定勝寺

木曽の代官(だいかん)が1598年にたてなおしたお寺です。桃山じだいにつくられた木曽ヒノキのダルマ像などは、はくりょくまんてんです。 ぽくぽくまっぷにもどる

 
岩出観音堂(いわでかんのんどう)
岩出観音堂

懸崖(けんがい)つくりという、めずらしいつくりのたてものです。江戸じだいにたてられた御堂(おどう)があり、「木曽の清水寺(きよみずでら)」とよばれています。ぽくぽくまっぷにもどる

池口寺(ちこうじ)
池口寺

「日光(にっこう)」「月光(げっこう)」の像(ぞう)のほか、やくしにょらいなどの像(ぞう)、33体の石仏、石造りの五輪の塔など、見どころのおおいお寺です。ぽくぽくまっぷにもどる

白山神社(はくさんじんじゃ)
白山神社

鎌倉(かまくら)じだい、1334年にたてられ神社で、ながの県でもっとも古いたてものといわれています。ぽくぽくまっぷにもどる


まえの宿  
つぎの宿
あげまつじゅくへ
 
のじりじゅくへ
宿紹介のTOPへもどる
白山神社 池口寺 岩出観音堂 定勝寺 水舟の水場 水舟の水場 大桑村歴史民族資料館