木曽路を行こう。
にえかわじゅく

この宿は天文年間(てんもんねんかん;1532~1555年)にできた宿です。ここが木曽路のいちばん上(きた)の宿です。江戸(えど)じだいのガイドブック「木曽路名所図会(きそじめいしょずえ)」によると、むかし、ここに温泉(おんせん)があったそうです。それで“あついかわ”とかく「熱川(にえかわ)」とよばれ、やがていまの「贄川」になったのだとか。
なんどか火事があったために、むかしのたてものはのこっていませんが、5月のおまつり「にえかわまつり」はむかしのように、たいへんにぎわうおまつりです。



天保14年のでーた

ぽくぽくまっぷ
 
ぽくぽくまっぷ


みどころ
贄川関所(にえかわ せきしょ)
贄川関所

関所は宿の入口にあった木曽をまもる、たいせつなばしょでした。そのたてものはもうのこっていませんが、とうじのたてものがふくげん(つくりなおすこと)されています。 ぽくぽくまっぷにもどる

木曽考古館(きそこうこかん)

ならかわ村のなかでみつかった、大むかしの石器(せっき)や土器(どき)を見ることのできるしせつです。関所の下にあります。 ぽくぽくまっぷにもどる

関所橋(せきしょばし)

手すりに大名行列(だいみょうぎょうれつ)のかざりがある橋です。つるされている筒(つつ)をたたいくと、「木曽節(きそぶし)」のメロディーがなります。 ぽくぽくまっぷにもどる

是より南 木曽路」の碑
(「これよりみなみ きそじ」のいしぶみ)
是より南 木曽路

このあたりは、えどじだいの松本藩(まつもとはん)と尾張藩(おわりはん)のさかいめでした。いまは「是より南 木曽路」とほられた石がたてられています。木曽路のはじまりです。 ぽくぽくまっぷにもどる
 
観音寺の山門(かんのんじのさんもん)

1719年にたてられたふるいたてものです。めずらしい2かいだての門になっています。 ぽくぽくまっぷにもどる

大栃(おおとち)の木
大栃の木

宿のはずれ、国道19号の山がわにある木で、昭和44年(1969年)に長野県の天然記念物(てんねんきねんぶつ)になりました。1000年を生きてきた木といわれています。 ぽくぽくまっぷにもどる

押込一里塚跡(おしごみいちりづかあと)

はたけの中にある一里塚。むかしの人は、一里(いちり;だいたい4㎞)ごとに木などをうえて、きょりのめやすにしていました。これを「一里塚」といい、木曽路にもたくさんのこっています。 ぽくぽくまっぷにもどる

麻衣廼神社(あさぎぬのじんじゃ)

毎年5月に行なわれるおまつり「にえかわまつり」はとてもにぎわい、みんながいえのまえであたまを下げておはらいをします。 ぽくぽくまっぷにもどる


ちょっとよりみち
しっきのまち「ひらさわ」へ
   
つぎの宿
 
ならいじゅくへ
宿紹介のTOPへもどる
関所橋 是より南木曽路の碑 観音寺の山門 押込一里塚 麻衣廼神社 贄川関所跡・木曽考古館 大栃の木