木曽路を行こう。
みどのじゅく

三留野宿は、むかし、木曽をおさめていた木曽氏(きそし)のやかたがあり、そのおやしきが、「御殿(みどの)」とよばれていたため、「みどの」になったといわれています。
ここは中山道のじだいよりもまえから、交通(こうつう)のじゅうようなばしょとして、さかえてきましたが、1881年の火事(かじ)で、ほとんどがやけてしまいました。かつての本陣(ほんじん)あとは、まちのほぼ中心にあり、いまは南木曽町森林組合(なぎそちょうしんりんくみあい)のたてものがあります。
このふきんは、1500mほどの高くけわしい山が木曽川ぞいにきりたち、大雨がふると土砂崩れ(どしゃくずれ)がよくおこり、それをこの地域では「蛇抜け(じゃぬけ)」とよんでいます。



天保14年のでーた

ぽくぽくまっぷ
 
ぽくぽくまっぷ


みどころ
三留野本陣跡(みどのほんじんあと)・枝垂梅(しだれうめ)

本陣(ほんじん)のなかにあった枝垂梅の古い木が、中山道のじだいのなごりをとどめています。ぽくぽくまっぷにもどる

等覚寺(とうがくじ)
等覚寺

江戸じだいに、木ぼりの仏像(ぶつぞう)をたくさんつくったおぼうさん・円空(えんくう)がつくった弁才天(べんざいてん)、天神(てんじん)、韋駄天(いだてん)などの像があるお寺です。ぽくぽくまっぷにもどる

桃介橋(ももすけばし)
桃介橋

電力(でんりょく)王とよばれた福沢桃介(ふくざわ・ももすけ)が、大正じだいにつくらせたつり橋です。ながさ247mと大きな木の橋で、近代化遺産(きんだいかいさん)としてしゅうりなどされ、国の重要文化財(じゅうようぶんかざい)として保護(ほご)されています。 ぽくぽくまっぷにもどる

 
福沢桃介記念館(ふくざわももすけきねんかん)・
山の歴史館(やまのれきしかん)

大正じだいにたてられた、福沢桃介の別荘(べっそう)で、いまは桃介のしゃしんやもちものなどをてんじするしせつになっています。となりにある歴史館は、妻籠宿(つまごじゅく)の本陣(ほんじん)あとにあった明治じだいのやくしょのたてもので、木曽の山や森のれきしをまなぶことができるしせつになっています。ぽくぽくまっぷにもどる

悲しめる乙女の像(かなしめるおとめのぞう)

むかしからこのあたりは土砂崩れ(どしゃくずれ)の「蛇抜け(じゃぬけ)」がときどきおこり、この像は、昭和28年の蛇抜けのぎせいしゃをしのんでつくられました。ぽくぽくまっぷにもどる

園原先生碑(そのはらせんせいひ)
園原先生碑

江戸じだいのがくしゃである園原旧富は、尾張(おわり)・美濃(みの)・信濃(しなの)におおぜいの弟子(でし)がいました。そのやしきのあとの石碑(せきひ)がたてられています。ぽくぽくまっぷにもどる

和合の枝垂梅(わごうのしだれうめ)

江戸じだいの木曽の酒造家(しゅぞうか;おさけをつくるしごとをしていた人)の庭木(にわき)としてあいされていた古いウメの木です。ぽくぽくまっぷにもどる

かぶと観音(かぶとかんのん)
かぶと観音

木曽義仲(きそよしなか)がほくりくへ兵(へい)をだすときに、かぶとの観音像(かんのんぞう)をまつったところとつたえられています。ぽくぽくまっぷにもどる

読書発電所(よみかきはつでんしょ)

桃介橋(ももすけばし)・柿其水路橋(かきぞれすいろきょう)とともに、近代化遺産(きんだいかいさん)になっており、大正じだいにつくられた、だいひょうてきな水力(すいりょく)発電所です。ぽくぽくまっぷにもどる


まえの宿  
つぎの宿
のじりじゅくへ
 
つまごじゅくへ
宿紹介のTOPへもどる
読書発電所 かぶと観音 和合の枝垂梅 園原先生碑 悲しめる乙女の像 福沢桃介記念館・山の歴史館 桃介橋 等覚寺 三留野本陣跡・枝垂梅