木曽路を行こう。
ふくしまじゅく

「てんかの四大せきしょ」の一つといわれた福島せきしょがおかれていた宿で、木曽11宿の中心地(ちゅうしんち)でした。木曽でいちばんえらい役人・代官(だいかん)がいた木曽代官所(きそだいかんじょ)もありました。本陣(ほんじん)は、いま木曽町木曽福島支所(ししょ)になっています。
宿には木曽川にそって「がけやづくり」というどくとくのつくられ方をした家(いえ)がたちならび、名所(めいしょ)・旧跡(きゅうせき)もたくさんのこっています。宿場から御嶽山(おんたけさん)を見ることができます。
まい年10月、「福島関所まつり」がおこなわれ、代官のぎょうれつや、関所のけんさ「人改め(ひとあらため)」などがさいげんされて、まちのなかは江戸じだいにタイムスリップしたようになります。



天保14年でーた

ぽくぽくまっぷ
 
ぽくぽくまっぷ


みどころ
福島関所跡(ふくしませきしょ)・ 福島関所資料館(ふくしましりょうかん)

しょうわ50年(1975年)からはっくつされた福島関所。いまは、むかしあった門などがもとどおりにたてられ、公園(こうえん)になっています。資料館には、中山道をとおるためにひつようだった「つうこうてがた」や、むかし関所にあった武器(ぶき)やどうぐなどがてんじされています。ぽくぽくまっぷにもどる 福島関所跡・福島関所資料館

山村代官屋敷(やまむらだいかんやしき)
山村代官屋敷

木曽の代官をつとめていた山村家のおやしきのあと。いまは山村家のゆかりの品を見ることのできるしせつになっています。ぽくぽくまっぷにもどる

木曽郷土館(きそきょうどかん)

木曽のれきしにまつわるものや、びじゅつひんなどがてんじされています。ちかくに作家・島崎藤村(しまざき・とうそん)の小説「夜明け前(よあけまえ)」のいしぶみがあります。 ぽくぽくまっぷにもどる

木曽福島郷土館(きそふくしまきょうどかん)

宿場町がさかえていたころの木曽の文化や、すんでいた人びとのくらしについて知ることのできるものがてんじされています。古い農家(のうか)のたてものがまるごとあります。ぽくぽくまっぷにもどる
 
興禅寺(こうぜんじ)
興禅寺

ここは、ほんどうのまえにある庭(にわ)がたいへんゆうめいです。雲海(うんかい;うみのように広がる雲を上から見たようす)をみているきぶんになれる、そうかんな庭です。ぽくぽくまっぷにもどる

高瀬家藤村資料館(たかせけ とうそんしりょうかん)

高瀬家は木曽の作家・島崎藤村(しまざき・とうそん)のおねえさんの家で、藤村の小説(しょうせつ)のモデルになっています。むかしの旧家(きゅうか)のようすがわかるしせつです。ぽくぽくまっぷにもどる

「がけやづくり」のまちなみ

木曽川にそってたてられた「がけやづくり」のまちなみ。木曽は土地がせまいため、すこしでも家をひろくしようと、ゆかを川の上へはり出させ、上を高くしてたてました。たちならぶようすはどくとくのふんいきがあります。ぽくぽくまっぷにもどる

上ノ段(かみのだん)のまちなみ
上ノ段のまちなみ

うだつ、こうし、なまこかべの蔵(くら)など、むかしの宿場町のおもむきがいまものこっています。ぽくぽくまっぷにもどる

高札場(たかふだば)あと

高札場は、みなさんへのおしらせがあるときにつかわれていた、いまでいう「けいじばん」です。ぽくぽくまっぷにもどる


まえの宿  
つぎの宿
みやのこしじゅくへ
 
あげまつじゅくへ
宿紹介のTOPへもどる
高礼場 上ノ段 木曽川ぞいのがけやづくりのまちなみ 高瀬家 輿禅寺 木曽福島郷土館 木曽郷土館 山村代官屋敷 福島関所