木曽路を行こう。
あげまつじゅく

上松宿は、1601年に中山道の宿駅(しゅくえき)としてしていされた宿です。木曽の人びとのくらしは、木ざいによってささえられていて、上松は、木曽ヒノキをはこぶためのじゅうようなばしょになっていました。江戸じだいには、材木奉行所(ざいもくぶぎょうしょ)というやくしょもおかれていました。いまも、山できられた木曽ヒノキのおおくが、上松にあつめられてからはこばれています。
宿のちかくには、「寝覚の床(ねざめのとこ)」という観光地(かんこうち)があり、ここはむかしから、けしきのよいばしょとしてたいへんゆうめいです。



天保14年のでーた

ぽくぽくまっぷ
 
ぽくぽくまっぷ


みどころ
木曽の棧(きそのかけはし)
木曽の棧

1400年に、14年をかけてつくられた木曽川ぞいのガケにかけられた道です。いまのこっている石がきは、1648年につくられたものです。ぽくぽくまっぷにもどる

寝覚の床(ねざめのとこ)
寝覚の床

木曽川のうつくしいみどり色とめずらしいかたちをした岩がたくさん見られるばしょです。むかしばなしに出てくる「うらしまたろう」がりゅうぐうからもどってきて、めざめたばしょともいわれています。ぽくぽくまっぷにもどる

小野の滝(おののたき)
小野の滝

むかしの浮世絵(うきよえ)にもえがかれていた滝です。国道19号から、ながめられます。 ぽくぽくまっぷにもどる

臨川寺(りんせんじ)

おめでたい「福の神(ふくのかみ)」がまつられているお寺です。このなかの宝物館(ほうぶつかん)には、うらしまたろうがつかっていたといわれるつりざおなどがてんじされています。ぽくぽくまっぷにもどる
 
お天王さま石仏群
お天王さま石仏群

くらもと駅のあたりには中山道のおもかげがおおくのこっていて、山ぞいにたくさんの石仏(せきぶつ)を見ることができます。ぽくぽくまっぷにもどる


まえの宿  
つぎの宿
ふくしまじゅくへ
 
すはらじゅくへ
宿紹介のTOPへもどる
木曽の桟 寝覚めの床 臨川寺 小野の滝 お天王さまの石仏群