国道475号東海環状自動車道

事業の目的

国道475号東海環状自動車道のうち、「養老~北勢」区間は、養老山脈に隔てられた岐阜県西濃地域と三重県北勢地域を直結することで、高速交通ネットワークを形成し、地域開発を支援することを目的とし、「北勢~四日市」区間は新名神高速道路と一体となって、三重県北勢地域の道路網の形成、交通結節点である四日市港への集積拡大による活性化、内陸部の適正な開発等を図ることを目的とした道路です。

事業の概要

国道475号東海環状自動車道は、延長約160kmの一般国道の自動車専用道路で、現在、東回り(豊田東JCT~関広見IC間)区間の延長75.9kmと、西回り区間(関広見IC~新四日市JCT間)のうち大垣西IC~養老ICまでの延長9.1km、東員IC~新四日市JCTまでの延長1.4kmが開通しています。

三重県内では、平成2年度に北勢IC(仮称)~新名神高速道路に接続する新四日市JCT間の延長14.4kmを事業着手し、平成19年度に岐阜・三重県境~北勢IC(仮称)間の延長9.0kmを事業着手しており、平成30年度には、大安IC(仮称)~東員ICが開通予定です。平成36年度供用見込み区間の北勢IC(仮称)~大安IC(仮称)については、財政投融資を活用することで整備を加速し、早期開通を目指します。

本年度は、以下の事業を推進します。

  • 大安IC(仮称)~東員IC間については、改良工事及び橋梁上部工事等を推進します。
  • 北勢IC(仮称)~大安IC(仮称)間については、関係機関協議を推進します。
  • 県境~北勢IC(仮称)間については、改良工事、用地買収、環境調査、埋蔵文化財調査及び橋梁設計等を推進します。
東海環状自動車道
東海環状自動車道
宇賀川より大安IC(仮称)方面を望む
東海環状自動車道

物流輸送時間の短縮を支援

東海環状自動車道と新名神高速道路の一部区間の同時開通により、いなべ市周辺の産業集積地から、名古屋港及び四日市港までのアクセスが向上しました。今後の開通により、更なるアクセス向上が期待されます。

産業集積地の分布と名古屋港・四日市港までのアクセス経路
産業集積地の分布と名古屋港・四日市港までのアクセス経路
所要時間の変化
所要時間の変化

沿線地域の開発支援

平成9年の工事着手から現在までに、新たな工業団地の立地による開発拡充が確認できました。(企業立地件数は、平成9年から約4倍)また、沿線地域の工業製造品出荷額が約3倍になるなど、今後の開通により、更なる沿線地域の開発拡充と地域の活性化が期待されます。

沿線地域の工業団地の立地状況
沿線地域の工業団地の立地状況
いなべ市の立地企業数の推移
いなべ市の立地企業数の推移
いなべ市の工業製造品出荷額等の推移
いなべ市の工業製造品出荷額等の推移