国道25号名阪国道

事業の目的

国道25号名阪国道は、三重県亀山市から奈良県天理市までの自動車専用道路であり、東名阪自動車道、西名阪自動車道と直結し、国土軸である名神高速道路の代替機能を有する道路です。

事業の概要

国道25号名阪国道は、三重県亀山市太岡寺町~奈良県天理市櫟本町に至る延長約73.2km(北勢国道事務所管理56.2km、内三重県41.6km) の一般国道の自動車専用道路として建設され、昭和40年12月に暫定2車線で開通し、昭和55年3月には全線4車線で完成しました。現在は、増加する交通事故等の課題に対処するため、インターチェンジ改良等の道路構造の改善を進めるとともに、事前雨量通行規制区間の解除を目指した防災対策や耐震補強及び橋梁の長寿命化を進めています。

本年度は、久我IC・板屋IC・上野IC改良を継続し、伊賀IC改良に着手するとともに、五月橋IC~針IC間の道路設計、調査設計等を推進しています。

名阪国道
名阪国道

交通事故の抑制へ向けて

名阪国道で実施されている主な安全対策

交通安全対策(ハード)

インターチェンジ変速車線と本線の合流部での事故対策として、変速車線の延伸等を進めています。

名阪国道

交通安全対策(ソフト)

インターチェンジ変速車線と本線の合流部での注意喚起として、合流車情報板の設置などを進めています。その他、事故抑 制のため注意喚起の看板設置等を進めています。また、道路利用者に国道25号名阪国道を安全に走行して頂くために「名阪国道 セーフティーマップ」「名阪国道死亡事故全国ワースト1脱出作戦」を作成し、配布していきます。

安全走行を促すパンフ
パンフレット
対策例:合流情報板の設置
注意喚起の看板設置

名阪国道の安全走行を考えるため、地域の代表者、道路利用者、交通・道路管理者、行政による懇談会を平成18年度に設置し、 ご意見を聞きながら交通安全対策(ソフト・ハード)を推進しています。

懇談会

長寿命化・耐震対策

名阪国道は、開通後50年以上が経過しています。また、交通量は飛躍的に伸び、大型車も多いため、舗装はひび割れやポットホール(穴ぼこ)等が発生し、橋梁・トンネルにおいても老朽化が進んでいます。そのため、老朽化した名阪国道の長寿命化に向けて、維持補修を実施しています。また、橋梁の耐震対策などにより災害に強い安心な道路づくりを推進しています。

傷んだ道路
傷んだ道路
傷んだ橋
傷んだ橋

<橋梁耐震対策>

熊本地震などの教訓を踏まえ、緊急輸送道路等の重要な橋について、今後、大規模地震が発生し、被災した場合においても速やかに機能を回復できるよう、橋脚補強、落橋防止、支承補強などの耐震補強を実施しています。

支承補強
支承補強
落橋防止装置
落橋防止装置