亀山PAスマートIC社会実験
トップページ
実験の概要
実験の実施状況
協議会構成
料金
更新履歴
リンク
お問い合わせ
実験の目的
国土交通省では、既存の高速道路の有効活用や、地域経済の活性化を推進するため、簡易的なETC専用インターチェンジ(スマートIC)導入の検討を進めています。今後のスマートICの円滑な導入を図るため、既存のSA・PAにETC専用のインターチェンジを設置する社会実験を全国の自治体等と共同で実施します。

亀山PAスマートIC社会実験では、現在、主に周辺の工業団地への通勤交通、物流交通等により、亀山IC周辺で発生している交通混雑を、新たな出入口を亀山PAに設置することで利用分散を図り、混雑の軽減を図ること、その効果を把握することを目的としています。
また、新たな出入口の設置による周辺住民、企業等の高速道路利用の利便性の向上を図るとともに、スマートICを本格導入する場合の課題や対策を検討することを目的に行います。

亀山PAスマートIC社会実験協議会