コンテンツタイトルメニュー
地域を支える道づくり北勢バイパス関バイパス桑名東部拡幅名阪国道大桑道路東海環状自動車道維持・修繕及び交通安全対策

北勢バイパス

北勢バイパス事業区間 地域の発展、活力ある未来へ
 国道1号北勢バイパスは、三重県三重郡川越町南福崎(国道23号)から四日市市采女町(国道1号)に至る延長約21.0km の幹線道路です。国道1号と国道23号並びに、内陸部の生活道路を適切に交通分散することによって交通混雑の緩和を図るとともに、道路交通の安全を確保 し、さらには内陸部の地域開発を促進することも目指しています。
 平成28年度は、(市)日永八郷線〜国道477号のトンネル工事、改良工事及び調査設計等を進めるとともに、国道477号〜四日市市釆女(国道1号)間の調査設計を推進しています。

北勢バイパス プロフィール[諸元]

[お知らせ]
平成28年10月18日「国道1号 北勢バイパス 坂部トンネル工事安全祈願祭」が開催されました。( PDF 0.5MB

[整備効果]

地域間の所要時間短縮!幹線道路の交通混雑が緩和!

国道1号・23号の交通が分散されることで、移動時間の短縮や渋滞緩和が期待されます。
北勢バイパス整備後
※所要時間の算定方法
 現状道路:H22道路交通センサス混雑時旅行速度より算出
 北勢パイパス:規定速度(60km/h想定)により算出

国道1号などの通過交通が転換されることで、交通事故の減少、沿道環境の改善などに寄与します。

北勢バイパスの整備により、通過交通を分担するバイパス機能を発揮し、交通転換により交通渋滞を緩和します。
国道1号・23号主要渋滞区間の渋滞損失時間変化、交通量変化
国道1号・23号の渋滞状況

救急・消防活動を支援! 暮らしの安全が広がります!

○防災拠点間の連絡、北勢バイパスからの啓開ルートの形成
北勢バイパスからの啓開ルートの形成
防災拠点のイメージ 広域防災拠点、活動・物資搬送拠点
広域防災拠点 活動・物資搬送拠点