国土交通省中部地方整備局浜松河川国道事務所
トップページ > 河川事業 > 渇水対策
 渇水対策 河川事業
 渇水対応について  
 われわれ河川管理者の責務としては、「洪水に強い河川を作り、守っていく」ことの他に、流れている水について、それぞれ利用する方々(水利権者といいます。)の調整を行い、水利権者に対して必要な義務を課すことも、地域の皆様の生活を守る上で大切な仕事です。
 異常気象が続いた場合など、河川やダムの流量や貯水量が異常に少なくなって水を公平・適切に利用者の方々に配分出来なくなったときに行われる「非常時対応」としての取水制限が皆様に身近なものだと思われます。
☆年度によっても渇水の日数や回数は変わりますが、平成6年のような大渇水時等では冬期だけでも129日間もの取水制限が実施されたこともあります。
渇水による影響
 もともと、河川の水は流れていることそのものが重要です。
 それは、魚や植物などの生態系を守るために必要だという意味だけでなく、ある程度の流量がないと、海から塩水が遡上することを防いだり、各種の排水を希釈するなどの機能が小さくなってしまうためです。
 そこで、河川管理者である国土交通省では、河川にとって必要な水の量(天竜川河口から25キロほど上流の鹿島地点では毎秒約86トンになっています。)を決めて、「河川水利用の合理化」や「新たな水源確保の必要性」について水利権利者との調整をしています。
< 戻る 上に戻る ↑
トップページ
事務所からのお知らせ
河川事業
天竜川下流部水難事故防止サイト
河川整備基本方針・整備計画
ダム事業
道路事業
道路行政評価
防災情報 災害に備える
国道1号工事情報
現在の河川状況画像
現在の道路状況画像
事務所紹介
許認可業務等・資料ダウンロード
建設業者向け情報
Q&Aコーナー
リンク集
総合学習 川で学ぶ・道で学ぶ
地域交流
天竜川に橋を架ける
国土交通省 中部地方整備局 浜松河川国道事務所 〒430-0811 静岡県浜松市中区名塚町266 TEL:053-466-0111(代)