中部地方整備局 岐阜国道事務所


閉じる

東海環状自動車道(一般国道475号)

普段何気なく使っている国道をいろいろな角度から紹介します。

東海をつなぐ次世代ネットワーク 一般国道475号について

東海地域の骨格として地域連携軸を形成する夢と文化の広域ネットワーク

東海環状自動車道の全域図

 国道475号東海環状自動車道は、名古屋市の周辺30~40km圏に位置する愛知・岐阜・三重3県の豊田・瀬戸・土岐・関・岐阜・大垣・四日市等の諸都市を環状に連絡し、新東名・新名神高速道路、東名・名神高速道路や中央自動車道・東海北陸自動車道等と広域的なネットワークを形成する延長約160kmの高規格幹線道路です。

 現在、東回り(豊田東JCT~関広見IC)の延長約80kmの区間が開通しています。
 西回り区間のうち、関~養老までの延長約44kmは、平成8年に都市計画決定され、工事中の大垣地区をはじめ、各地区で事業を進めているところです。

 岐阜国道事務所では75km(美濃加茂市・加茂郡八百津町境~岐阜・三重県境)を管轄しています。

東海環状自動車道 道路諸元

トピックス

リンク

東海環状の三重県側の担当事務所:北勢国道事務所

携帯サイトについて関連リンク免責事項・プライバシーポリシー
ページの先頭へ