トップ事業のあらまし富士山火山砂防調査>日本の火山活動
日本には110の活火山(過去に火山噴火の記録や痕跡のあるもの)が存在し、最近でも有珠山や三宅島、伊豆大島、北海道駒ヶ岳、岩手山、浅間山、雲仙普賢岳、桜島など多くの火山活動が見られます。
日本の火山は、火山フロント(前線)と呼ばれる線に沿って分布しています。そして火山活動は、プレートが沈み込むことによって生じているのです。
人口の増加と活動範囲の拡大から、活火山の山麓は人々の生活の場、憩いの場として定着してきました。活火山の山麓を生活の場としている我々にとって、火山に関する情報を知り、災害発生時には自らの安全を確保することが重要となってきています。
 
   
   
戻る
トップ 事業のあらまし 事務所紹介 広報誌 富士山情報コーナー 今年度の事業概要 入札・契約情報 富士山シアター リンク 国土交通省砂防部へ