富士山と防災

ホーム富士山と防災活動の今を測る>観測システム

観測システム

情報基盤整備

大沢川及び南西野渓において発生する土石流から地域を守るために、雨量計や渓流監視カメラ、ワイヤーセンサーなどを設置し、リアルタイムで監視しています。

また火山災害対策としてCCTVカメラ等による火山監視システムの構築についても検討しています。

CCTVカメラ

渓流の土石流監視や富士山火山監視を目的として設置しており、現地画像は光ケーブル配信により、事務所等においてリアルタイムに監視が可能となっています。

富士砂防レーダ雨量計

中部地方整備局では静岡県内の3ヶ所にXバンドMPレーダを設置しており、詳細かつリアルタイムで雨量観測できます。

XバンドMPレーダ雨量情報(静岡)

災害対策室

事務所管内のカメラ画像、雨量・水位等の河川情報、各種気象情報がすべてここに集約され、災害体制を執る際の中心的役割を果たします。

岩樋下流地点の土石流観測橋

土石流が発生した際には、流下する土石流の水位、流量を計測することができます。

平成16年12月5日発生の土石流(大滝CCTVカメラ)



富士山火山観測システム

富士山が噴火活動を開始した場合、その状況を観測するためにCCTVカメラを設置し、富士砂防事務所でリアルタイムに監視活動を行えるようにしています。

今後は、関係機関と映像等の情報を共有するためのシステム整備を行っていきます。また一般の方々に対しても、インターネットを用いて映像等の情報を閲覧できるようなシステムも整備していきます。