富士山と防災

ホーム富士山と防災活動の今を測る>富士山火山砂防調査

富士山火山砂防調査

富士山は、新富士火山が形成された約1万年以降も噴火活動を繰り返しており、有史以降にも、定期的に火山活動が発生しています。1707年の宝永噴火以来、現在まで約300年間静穏を保っていますが、ひとたび噴火が発生すると甚大な災害が発生すると予測されています。平成12年、富士山の地下において発生した低周波地震により、活火山としての重要性が再認識されるようになり、富士山の火山防災対策は本格的な検討が開始されました。
平成16年6月、富士山ハザードマップ検討委員会から「富士山火山防災マップ」が公表され、これを受けた富士山周辺自治体の防災対策が本格的に始まっています。
富士砂防事務所では、富士山の火山活動による土砂災害防止のため、富士山火山砂防計画の検討(砂防施設配置方針の検討)や、富士山の観測システムの整備、関係機関との連携及びリアルタイムハザードマップの検討などを実施しています。
富士山が噴火しそうな時には、公的機関からの情報に注意し、
万が一に備えて避難の準備をする等、適切に行動しましょう。
富士山火山防災マップ
「富士山火山防災マップ」(平成16年6月公表)より抜粋

日本の火山活動

日本には110の活火山(過去に火山噴火の記録や痕跡のあるもの)が存在し、最近でも有珠山や三宅島、伊豆大島、北海道駒ヶ岳、岩手山、浅間山、雲仙普賢岳、桜島など多くの火山活動が見られます。
日本の火山は、火山フロント(前線)と呼ばれる線に沿って分布しています。そして火山活動は、プレートが沈み込むことによって生じているのです。
人口の増加と活動範囲の拡大から、活火山の山麓は人々の生活の場、憩いの場として定着してきました。活火山の山麓を生活の場としている我々にとって、火山に関する情報を知り、災害発生時には自らの安全を確保することが重要となってきています。