本文へ国土交通省中部地方整備局
時期内容

ここから本文中部地方整備局の沿革


明治11年「木曽川土木局出張所」創設、庁舎を岐阜県羽島郡竹鼻村(現在の羽島市)に置く。
明治19年「大阪第四区土木監督署派出所」となり、庁舎を岐阜県安八郡大垣町(現在の大垣市)に移転
明治20年庁舎を三重県桑名郡桑名町(現在の桑名市)に移転
明治27年「第四区土木監督署」となり、庁舎を名古屋市中区南久屋町に移転
明治28年庁舎を名古屋市東区上堅杉ノ町に移転
明治38年「内務省名古屋土木出張所」に改組
大正2年「内務省名古屋土木出張所」廃止、東京第2土木出張所に合併となる。
大正12年「内務省名古屋土木出張所」再建、庁舎を名古屋市東区上堅杉ノ町に置く
昭和18年「内務省中部土木出張所」に改称
昭和23年「総理府建設院中部地方建設局」に改組
「建設省中部地方建設局」に改組
昭和26年建設省中部地方建設局庁舎を名古屋市昭和区狭間町に移転
昭和28年天竜川水系上流部が関東地方建設局から中部地方建設局へ移管
昭和33年富山及び石川県内の事務所(金沢営繕工事事務所を除く。)を北陸地方建設局へ所属換え
昭和36年運輸省伊勢湾港湾建設部として発足
昭和39年官制改正により、運輸省第五港湾建設局に改称
昭和42年建設省中部地方建設局庁舎を名古屋市中区三の丸に移転
昭和55年中部地方建設局金沢営繕工事事務所を関東地方建設局へ所属換え
平成13年建設省中部地方整備局、運輸省第五港湾局を国土交通省中部地方整備局へ(国土交通省の発足)

↑ページのトップへ戻る